JDGの推定装備 その4
素で忘れきっておりました。
無線機(通信機?)
気になりませんか?
どうやって、個別呼び出ししているんかいな~?と。



たとえば、スタートレック。
コミュニケーターと呼ばれる通信システムがある。
初期の頃は、カードケース大の通信機で、現在の携帯電話のように蓋を開けることで通信のON/OFFが行われていた。後に改良が進んでバッジ状(宇宙艦隊の徽章を模している)になり、バッジの表面を押すことでON/OFFされるようになっており、どちらも伝えたい相手の名前を呼ぶことで、相手に通信回線が開くようになっている。
おそらく、JDGで使われている無線も、音声呼び出し式(「岩瀬」とか「石川隊長」とか、最初に話したい相手の名前を呼ぶこと)ではないかと思う。
耳に当たるスピーカー部分にON/OFFのスイッチがあって、目的の人物の名前、所属等呼び出し方の違いにより、個人的にであったり、各班ごとであったり全体であったりと、コンピューターが判断処理接続を行うのだ。
通信処理を行うコンピューターは、メインと切り離されているかもしれない。
当然、10巻「仮面の告白」で、言われているように、個人の識別コードも無線に組み込まれている。それによって館内通信網が作られているのではないだろうか。
邪推すれば、通信記録を洗い出せば、誰の無線機から何時何分に、誰の通信機に発信されたのかどうか、洗い出せることになる。
そう考えれば、西脇が坂口が無線を失くしたことを知ったのは、坂口が牧山に無線の紛失を口止め(?)する場面に出くわす以前であり、「もう1日黙っていて~」と泣きついているのを目撃したのは、偶然ではないだろう。

まぁ、そうなると、無線の貸し借りのシーンとかが微妙なんですがね……。ソコはソレ、誰が誰の無線持っているとか把握していればいいかな、とか……。
[PR]
by knight-gold | 2005-06-18 14:02 | 妄想語り-まにあっく編-
<< 更新履歴 恋愛に悩む教官編【第2巻】 >>