石川悠隊長の言葉遣い
高知出身の石川隊長。
かつて、国会議員をしていた今は亡き父上の秘書を目指していただけあって標準語。
まぁ、長いこと東京で暮らしているわけだし、他の地域でもみられるように、標準語化の進んだ方言であったろうと思われるので、標準語。さもありなんという感じ。
しかし、感情が高ぶった時って、つい方言出たりしませんか?悠さん。
なーんて、問うてみる。
土佐弁で話す悠さん。



+++妄 想 中+++

「なっ…なに考えたんだ、今、おらはっ(なっ…なに考えたんだ、今、俺はっ)」(15巻P78)
意外とふつー
「『おくかぇ』がやない『終わらせる』ちや(『終わるかな』じゃない『終わらせる』だ)」(15巻P86)
んー?思ったより萌えがこない……。
「~ちや」とか「~ぜよ」とか「おまん」とか言われたら、おおおおお、キタかもしれん。
「ほたえな!」って怒鳴られるのもいいかも。
「基寿…おんしを愛しちゅう」なんて、潤んだ目で甘く囁かれた日にゃ、もー、転げまわりそう!
+++妄想終了+++

全巻、土佐弁変換している場合じゃないので、一部抜粋&捏造で。
はぁ、(自分的に)いい妄想でした。うっとり。
土佐弁も似合うと思うんだけどな。やっぱり、土佐高知の男だし。
城教官に出会う前は、坂本竜馬が尊敬する人だろか!とか考えてしまった。
こんな妄想すんの私だけだよね。きっと。

妄想元:土佐弁(脳内変換用)リンク
土佐弁コンバータ「よさこい竜馬」
大橋通り商店街の土佐弁講座
高知県北川村の土佐弁講座
[PR]
by knight-gold | 2005-05-21 12:12 | 妄想語り
<< 君のいる世界にいたい【第1巻】