JDGの推定装備 その1
何を書こうか迷ってしまったのと、忙しかったので放置かましてしまいました(^_^;)
とりあえず、今回は身に付けている装備について書き出してみようかと思います。

まず手始めに、装備らしくない装備。なんとなく軍隊仕様だなぁと思ったのは、悠さんや岩瀬が身に付けてるドックタグ(Identification Tag/認識票)ですね。



刻印されているものは、現行の米軍方式だと
1行目・姓(ラーストネーム)
2行目・名(ファーストネーム)、ミドルネームのイニシャル
3行目・厚生年金受給番号(出生届を出すと与えられる、生涯変わることの無い国民ID番号という意味合いらしい)
4行目・血液型 ・Rhの種別(POS or NEG)・性別(M or F)
5行目・宗教
以上の順で1枚のプレートに刻印されるようです。
本来は2枚1組として使うもので、1枚は報告のため、もう1枚は遺体回収時に白骨化していいても誰だか識別できるように、遺体にかけっぱなしにしとく用となります。
しかし、悠さんも岩瀬も1枚しか身に付けてません。しかも、勤務中に身に付けているわけではなさそうです。

認識票かなー?と、確認できるものは、3巻のコミュニケーションゲーム後の悠さんと岩瀬が二人きりで過ごしている一連のシーン。
コル・ヒドレ編での8巻以降。悠さん救出のために武装している岩瀬のベストにぶら下がっているプレート。
18巻の旅行中の悠さんと岩瀬。
以上かな?
確認できるのが、悠さんと岩瀬だけなので、ファッションで身に付けているとも考えられるけれど、国会議事堂を守るカウンターテロを主体とした組織である以上、認識票の一つや二つあってもおかしくはないと思う。
本来の議事堂警備より離れた場所に行く場合(旅行など)、簡単な身分証明代わりに身に付けているとも考えられる。

でも、身に付けてたりつけてなかったりがあるんで、アクセサリーと考えた方が妥当なのかな?

妄想の参考URL:
ミリタリーショップ MASH
[教えて!goo] 兵士が死んだときの対処
[PR]
by knight-gold | 2005-06-08 04:50 | 妄想語り-まにあっく編-
<< JDGの推定装備 その2 【G-DEFEND好きに100... >>