マーティ登場編2【第3巻】
前回の後半です。
改良を重ねて、高性能になりつつある追尾型爆弾。
確実に教官を狙ってきますねぇ。
多分、教官しか身に着けていないもの。教官バッジあたりを狙っているんだろうと思ったら
大当たりでした。
前回のラストで、それに気づいた教官は屋上に引き付けて1個目爆破処理。2個目の処理にかかった所で、岩瀬が教官バッジをむしりとり、自ら囮になって爆風に呑み込まれってとこで、しゅーりょー。



悠さんの目の前で爆風に巻き込まれて、姿くらますから、悠さん放心状態。
もしかしたら、先代の城教官が殉職した時の光景とかとシンクロしちゃって、ぐるぐるしてたかもしれない。
あーあ。悠さんを泣かせやがって、岩瀬め!こんな感じです。
泣かせて前言撤回させて、2人の本気度を知ったマーティは、気がすんだかのように、あっさり身を引いちゃったり。
お風呂入るふりして、2人きりにしちゃったり。
さぁ!読者期待のっていうか岩瀬の本懐でげしょ?v
思わず、食い入るようにそのシーンを見る・見る・見る。気分はもうデバガメ。
そこまで読んじゃうと、その後、研修が終わってマーティが帰国なんて話題も上の空~。
[PR]
by knight-gold | 2005-07-16 12:13 | 妄想語り-コミックス編-
<< うっひゃぁ>< マーティ登場編1【第2巻】 >>